【スポンサーリンク】

「感染拡大を国のせいにしないで」 政務官の「その後の発言」にも怒りの声が

 自民党の佐々木紀国土交通政務官がツイッターに、新型コロナウイルスをめぐり「感染拡大を国のせいにしないで下さい」などと書き込んでネットが炎上した一件で、その後に投稿したツイートも大きな反響を呼んでいる。

 

 佐々木政務官は4日、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、ツイッターに「国は自粛要請しています。感染拡大を国のせいにしないでくださいね」と書き込んだ。このつぶやきに批判の声が殺到すると、佐々木氏はツイートを削除。「国は自粛要請しています。感染拡大を国だけの責任にしないでくださいね。でも、自粛を求めるなら補償とセットでないといけません。しっかり取り組みます!」という文章を新たに投稿した。さらに、「朝から、お騒がせいたしました。政府発表と強制力の弱さから、各個人の注意喚起の意味と行動を促す為の投稿でしたが不適切でした。4月7日には経済対策を出します。単発ではなく、必要に応じて対策を出していきますので、ご意見いただければと思います」と綴った。

f:id:imp0201:20200319210310j:plain

 このツイートに、「貴方が国民をどう見ていらっしゃるか十分に分かりましたのでもう結構です。これだけ国民の怒りを買いながら『お騒がせしました』『不適切でした』で済ませようとし、謝罪の言葉がひとつも見当たらないあたり貴方の人柄が出ますね。さようなら」、「許せません。政治家、政府は国民の命をどう考えているのか! お騒がせと言うレベルではない」、「言い訳したところで、時すでに遅しですね。みんな不安でギリギリの状態でいるのに不適切発言なんて許されません。コロナ辞職ですか。お疲れ様でした」などのリプライが。また、「本意はどうなのか知らないがこの時期にこのような文章を書いている暇があるのならもっと現場と話し合って具体策を練ろ」と指摘する意見も見られた。