【スポンサーリンク】

さんまの壮絶な生い立ちが話題に ムロツヨシに絶妙の返しで称賛の声

 俳優のムロツヨシ(43)が5月31日放送のフジテレビ系トークバラエティ番組「さんまのまんま35年目突入SP」に出演。複雑な生い立ちを語ったエピソードで、司会の明石家さんま(63)の対応に称賛の声が上がっている。

 

 ムロは収録現場に初めて家族を現場に呼び、とのこのやりとりを楽屋で見ていることを明かした。「僕が4歳の時に離婚して、預けられた先のところなんですけど。親戚の家。両親が離婚して…」と打ち明けた。さんまが「ハハハ!」と大笑いすると、「やっぱり笑ってくれると思ってました。(黒柳)徹子さんとさんまさんは笑ってくれると思いました。徹子さんも『まあ、面白い』って言って」と感激。楽屋にいた叔母と叔母の娘2人の子供たちに、「この家族でよかった!叔母ちゃん!」と興奮気味に呼び掛けた。さらに、さんまは「やっぱりそんな人生かって。ムロってそうか。普通に育ってないだろうなって。お前、ゆがんでるもんな」と笑顔で話すと、ムロは「そのゆがみのおかげで役者を目指しました」と返答。「いやあ、人生って楽しいですね」と一緒に大笑いしていた。

 

 さんまもムロと同様に複雑な家庭環境で生まれ育っている。3歳の時に母親が病気で他界。父親は再婚したが、継母に好かれなかったという。年の離れた義弟を「チビ」とかわいがっていたが、19歳の時に実家が火事に遭って焼死。お笑い芸人を辞めようかと思い詰めるほど大きなショックを受けた。ネット上では、「幼少期〜青年期は、さんまさんの方が壮絶な体験をされていますよね。 母の他界、父の再婚で継母に可愛がられなかったり、実家の火事や弟の死。 そんな中でも真っ直ぐに明るく育たれた さんまさんもムロさんも立派でとても尊敬します」、「比べるものではないけどムロさん以上にさんまさんの方が壮絶な生い立ちだと思う」とさんまの生い立ちが話題になった。

f:id:imp0201:20190601191846j:plain

 さんまがムロの家庭環境に共感や同情でなく、本音で明るく返したのは自身の人生を投影したのかもしれない。「ムロさんがどうしてほしいというのを、わざとなのか自然となのかわからないけど、ちゃんと期待通り返せるさんまさんはやっぱりすごい。笑うべきとか、しんみりすべきとか、そんなの正解はなくて、その人がどうしてほしいかが正解。それをちゃんと返してくれる人とどれだけ出会えるかがその人がどれだけ幸せかを左右するんだと思います」、「さんまさんは国の宝だなぁ。言い過ぎかな、私にとっては宝ですね。私も幼少期に歪んだ家庭でそだったから、さんまさんにこんな話をして笑ってくれたら涙が出るほど有難いな。ムロさん、良かったね」と称賛の声が多かった。