【スポンサーリンク】

婚活パーティーで拾った財布から現金抜き取った男性の「職業」に、驚きの声が

 埼玉県教育局は27日、婚活パーティーで拾った財布から現金を抜き取った川口市立戸塚南小学校の男性教諭(33)を停職3ヶ月の懲戒処分にしたと発表した。

 

 各メディア報道によると、戸塚南小学校の教諭は2月16日に都内で行われた婚活パーティーに参加した際、落ちていた財布を拾い、現金3万6千円を抜き取って路上に捨てた。会場で知り合い、教諭が財布を拾うのを見ていた女性がその後、財布の本来の持ち主の男性を発見。教諭は横領を認め、示談金を支払ったという。教諭は18年12月5日から病気休暇を取り、19年3月5日から休職していた。20年7月27日付で依願退職したという。

f:id:imp0201:20200516110031j:plain

 ネット上では、「教員免許の永久剥奪を。他の仕事を探してください。誰かを指導する資格はない」、「休職中に婚活パーティー行って財布から金を盗んだ?最悪の教師だったんだな!」など怒りの声が。また、「病気休暇から休職、この間は税金から相当な分の給料保証がされます。しかもその休職をダラダラ1年以上も続けている間に婚活パーティー行って落ちていた財布から金を抜き取るって…。どう見ても、教育公務員の制度改革が必要だと思います」という指摘も見られた。