【スポンサーリンク】

埼玉男児遺棄 逮捕の義父「誰がやったか分からない」に隠された驚きの意図とは

 さいたま市見沼区の集合住宅内で小学4年進藤遼佑君(9)の遺体を遺棄した疑いで逮捕された義父の無職・進藤悠介容疑者(32)が送検後のさいたま地検の取り調べで否認に転じたと報道され、大きな反響を呼んでいる。当初は遺棄やコードで首を絞めて殺害したことを認めて「(遼佑君に)本当の親じゃないと言われ腹が立った」という趣旨の供述をしていたが、送検後の取り調べに対して、「誰がやったかわからない」などと一転して否認していることを各メディアが報道。ネット上では怒りの声と共に、この容疑否認に隠された「ある意図」を指摘する声がある・

 

 容疑を認めていたのが、一転して否認に転じたことに驚いた人は多いだろう。この変化に、「弁護士の入れ知恵でしょう。ここから精神鑑定にもっていく展開だと思う。ノラリクラリして『心神喪失状態だった』の精神鑑定で無罪を勝ち取るつもり」、「『僕じゃない誰かの声が頭の中して、やってしまえと囁いた』とか、『僕の中に棲むもう一人の僕がやったことだ』とか、精神不安定や心神耗弱にでも繋げるつもりなのかね」など指摘する声が。

f:id:imp0201:20190904204421j:plain

 一方で、「弁護士無能すぎるでしょ。ここから精神疾患で逃げ切るのは無理がある。立派に責任能力があるし、一転して否認に転じたとか保身に走っているのは全く反省していない証拠。怒りがこみ上げる。極刑にしてほしい」、「靴を家の中に隠したり、遺体を見つからないような場所に隠したりしている人間が他にいますか?ここにきて罪を逃れようとする神経がわからない。検察がきっちり仕事してくれるでしょう。息子さんのためにも厳罰を下してほしい」という書き込みも。今後の取り調べで進藤容疑者の発言が注目される。