【スポンサーリンク】

埼玉小4男児殺害 ネット上で出回る「ある書き込み」に自制求める声が

 さいたま市見沼区の集合住宅内で小学4年進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった事件でネット上で出回る「身内犯人説」に自制を求める声が出ている。

 

 メディア報道によると、17日午後8時20分ごろ、母親(42)から「英会話塾から子どもが帰って来ない」と110番があり、警察が捜索したところ、自室の近くにある扉付きのメーターボックス内で進藤君の遺体が見つかった。遺体には首を絞められたような痕があり、他に目立った外傷はなかったという。ボックスには水道などのメーターが収納されており、大人が中に入るのは困難という。県警は現場の状況から、別の場所で殺害された後、ボックス内に遺棄されたとみられる。進藤君は同日午後4時ごろに下校。当時自宅には父親(32)がいた。父親は「夕方に一度帰宅した後、塾に出掛けた」と説明しているが、英会話教室を欠席していた。

 

 ネット上では、「こんな事を言うのは悪いと思いますが殺害場所は自宅だと思う。どの記事を見ても靴は自宅の中に隠されていたと言う表現。犯人の目星はついていると思います。むしろこれで犯人が別に居たらそっちの方がびっくりする」、「一概には言えないが義父とかって相手の子供に愛情がもてないって人が多いからこんな事件に発展してしまうのかな」など父親が事件に関与していると疑う意見が多い。

f:id:imp0201:20190909120933j:plain

 一方で、「父親を疑っている人が多いみたいだが数年前にお子さんが玄関先で絞殺されていてマスコミは父親を疑っていた。口下手な方でマスコミへの対応がしどろもどろ。マスコミの報道も案に犯人は父親と言うような報道だった。父親は怒りを感じ一切対応しないとなり世間では犯人だから逃げたと言うような印象が蔓延していた。しかし真犯人は近所の親戚だった…こういう事があるから犯人が捕まるまではご遺族の方を絶対に追い込むような報道だけは気をつけてほしい」、「父親が怪しいという意味合いの書き込みが増えていますが、断片的な記事を元に憶測でそのような書き込みをするのは控えた方が良いと思います。過去にこのような憶測によりご遺族の心をさらに踏みにじることになった例がいくつもあります。捜査は警察が懸命にしていると思います。経過を見守り犯人が捕まることを祈る気持ちを多くの人が持つのは当然ですが、マスコミが流す断片的な情報だけで憶測を公然と書き込むのは大きな二次被害につながる可能性があります」など自制を求める書き込みも見られた。一刻も早い事件解決を祈るばかりだ。