【スポンサーリンク】

佐賀で6歳女児に強制性交の男の裁判 「この判決はひどい」と非難殺到 

 今年2月に佐賀県内の商業施設のトイレに当時6歳の未就学の女の子を連れ込んで暴行したとして、強制性交などの罪に問われた嬉野市嬉野町の無職の男(22)の裁判が大きな反響を呼んでいる。

 

 佐賀地方裁判所で開かれた公判で検察側は、被告が手袋をして犯行に及んだことなどが計画的で悪質な犯行であることを指摘し、懲役5年を求刑していた。佐賀地裁の今泉裕登裁判長は18日、「犯行は卑劣でわずか6歳の被害者が受けた精神的苦痛は大きい」としながらも、「被告には知的障害があり、衝動の抑制が困難だった」として懲役3年8カ月の実刑判決を言い渡した。

 

 ネット上ではこの判決に非難のコメントが殺到した。「衝動の抑制が困難なら社会に出すべきではないでしょう。根本的に自我をコントロール出来ない人間が3年ちょいの懲役を受け改心できると思いますか?できるわけ無いでしょう、病気なんですから。病人としてこの犯罪者が"普通"の生活を遅れるように誰かが管理していなければならないんです」、「懲役3年8ヶ月?短すぎ。被害に遭われた子は一生心に傷を負います。知的障害があろうがなかろうが、この判決は酷いと思いました」など指摘の声が。

f:id:imp0201:20190620195602j:plain

 かねてから日本の司法は性犯罪について罰則の甘さが指摘されている。「この裁判官の判決に納得できる人の割合は少ないだろう。無抵抗な被害者に対する犯罪行為に対しては刑期を何倍にもして厳罰化を図るべき。そのためにも検察は控訴すべき」など罰則の強化を訴える意見は多い。被害に遭った6歳の女の子は想像を絶する恐怖心を味わい、心身で大きな傷を負った。再発防止の観点からも、性犯罪の厳罰化は議論しなければいけないテーマではないだろうか。