【スポンサーリンク】

薬局でのトラブルを綴った「ある女子アナ」のブログに、店員から怒りの声が

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、フリーアナウンサーの佐伯桃子(42)が18日に自身のブログを更新し、薬局での出来事を綴った内容が大きな反響を呼んでいる。

 

 ブログによると、佐伯は子どもの薬をもらいに薬局を訪れた際、子どもの手が届く場所にお菓子が売られていたという。商品棚の写真をアップし、「ジュースやラムネも買って待つんだけど 自分のお菓子も持って行っててもこんな楽しくポップもつけられてればこどもは触るわけで」と綴った。

 

 すると、子どもが商品に手を触れた時に、「こんな時期なので触らないでください!」と店員に怒鳴られたといい、「こちらだって触らせたくはないのは山々。思わず『じゃあこんなところに置くべきじゃないですよね!?』とブチ切れてしまいました」と明かした。さらに、店員になぜ低い位置にお菓子を置いている理由を尋ねると「子どもから見えないので」との回答があったとし、「必要か決めて買うのは親ですが?‥と想うのは私だけですかね!?」と疑問を呈すとともに、「在宅イライラコロナストレスでこれからの不安もあるなか。私のように荒んでくる人が増えませんように」と自分に言い聞かせていた。

 

 このブログにネット上では、「怒られて当たり前でしょ。同じ母親として恥ずかしい。普段からそういう子どもだから、許されるべきという気持ちで子育てしているから子どもがダメなこともダメって聞けない子になるんだよ。子どもだから、触りたくなっても仕方ない、は店側(された側)が言うこと。してしまった側が言うことではない」、「お店に並んでいる時点ではまだ自分のものではないんだから、買いもしないのにベタベタ触るべきではない。勿論、買う前は子供のオモチャでもない。注意されて言い返す?モンスターじゃん。躾してない子供を外に出さないでほしい」など批判の書き込みが殺到。「店の画像を勝手にSNSに上げていいの?普通、店内撮影禁止だけどアナウンサーなのに知らないのか。いや、大人なのに知らないのか。今、スーパーの子連れの買い物でさえ世間の目は厳しい現状をニュースで盛んに言われているんだけど、知らないのかな」と苦言も見られた。

f:id:imp0201:20200418143138j:plain

 また、「薬局で働いています。私はこの店員さんを全面的に擁護します。誰が触ったかっわからないお菓子をお子さんが触って感染する危険性があって注意したのだと思います。親は感謝するのが当然でブチ切れるとか論外です。店もそうですが、他のお客さんからみても、あなたみたいな人は不愉快かつ迷惑だったと思います」という指摘が見られた。