【スポンサーリンク】

コロナ渦で自粛警察を痛烈批判した「ある歌手」の持論に、大きな反響が

 歌手のさだまさしが8日、TBS系情報番組「ひるおび!」に出演。緊急事態宣言下でも営業している店舗などに暴言を書いた張り紙などを貼る「自粛警察」問題について怒りをにじませた発言が話題となっている。

 

 番組では、ルールの範囲内で営業している店舗などに中傷する張り紙を貼ったり、パチンコ店に並ぶ人へ暴言を吐く人などがいることを取り上げた。さだは「コロナ鬱って言葉がある。コロナのことばかり考えて息苦しくなって、本当に鬱状態と同じ状態になる人はたくさんいる」と分析。「これがひどくなると次はコロナヒステリーとなって暴発してくる。ネットの部分なんてひどいですよね」と語気を強め、「しかもほとんどが匿名さんでしょ?それは卑怯だと思う」と嘆いた。

 

 「僕は、自分の番組ではたとえ正当な批判でも、匿名のハガキは読みませんし、違うなと思っても、ちゃんと名前を書いて抗議してくる人のハガキは読みます」と持論を展開。「つまり、僕も名前を出して言ってるんだから。互いに正当に考えていることを、自分が嫌がることでも聞かないといけない」と力説した。

 

 さだの一連の発言にネット上では、「そうそう、基本的には批判する相手が実名を出しているなら、やはり批判する方も名乗らないとね。フェアじゃない。同じ土俵に立って議論を交える、ということが批判する側の発想として欠けている。自粛警察諸君は、行動に出る前にもうちょっとそういうことを考えなくては」、「ごもっとも。意見を言うなら、自らを名乗る、これが大前提だと思います。普段から仕事を通じて感じることは、まー名乗らない人の多いこと。個人情報保護法をなんか勘違いしてる人が多いと思います。名乗らないのは、無礼で失礼なこと。この常識を復活させてほしいです」など賛同のコメントが。

f:id:imp0201:20200509203903j:plain

 また、「戦う相手はコロナであって人ではない。しかし緊急事態宣言1ヶ月続くと疲弊するわ。個人のメンタルも生活も経済も。コロナから命をまもる。倒産、失業から命をまもる。政府には考えて欲しいね」という意見も見られた。