【スポンサーリンク】

冷静な口調で理路整然 ロンブー亮会見に「テレビの姿と全然違う」と驚きの声

 反社会的勢力が主催した闇営業に参加して報酬を授受した問題で、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を開いた。

 

 ネット上で驚きの声が上がったのは亮の姿勢だった。バラエティ番組ではたどたどしい口調をいじられる「癒し系」のキャラクターとしてお茶の間でも定着していたが、この日はそのイメージが一転。相方の田村淳への思いを聞かれた際は言葉に詰まって涙を流したが、それ以外は吉本興業の対応に対しての疑問を理路整然と冷静な口調で語った。会見に詰めかけた記者陣から「~と思いますか?」、「~と予想されますか」という質問に対しては「憶測では話せません」とピシャリ。会見中に「田村亮、吉本興業と契約解消」というニュースが報じられたことへの感想を聞かれると、顔色一つ変えず「契約解除という風に思っていたので、さほどビックリはしていません。なぜ宮迫さんと同じタイミングじゃないのかなという思いです」と淡々と語った。

f:id:imp0201:20190720193321j:plain

 ネット上では亮の記者会見での振る舞いに、「宮迫よりしっかりしていたのでびっくりした。情に流されず、的確に答えていた。テレビで今まで見ていた亮と違う。こんなに頭がいい人だとは思わなかった」、「宮迫は情が深過ぎるから言葉が詰まってしまうだろうね。ただ亮は意外や意外で、気持ちをはっきりと、しかも非常に大きな事柄について、淡々と自分の当時の感情を交えて的確に喋ってるのが驚いた…。会社だけでは無く、大きな力を持つ人間が存在し、実際にその人間が権力で一個人を人間的に破壊ということに対する告発を、的確に話していることが凄い」、「とにかく凄い会見でした。こんな凄い会見は初めてでした。特に田村亮さんの発言は魂こもっていました。会見途中に契約解除されたらしいと伝わっても、全く動じず最初からその覚悟だったと淡々とされているのが印象的でした。見事に2時間半やりきったと思います」と驚きと共に高評価の意見が多かった。