【スポンサーリンク】

恩師が明かした…木村花さんが亡くなる前の「ある行動」に驚きの声が

 女子プロレスラー・木村花さんが22歳の若さで死去したことが23日に発表され、大きな衝撃を呼んでいる。木村さんは人気番組「テラスハウス」に出演中だったが、ネット上に書き込まれた誹謗中傷のコメントに悩んでいた様子で、芸能人やアスリートを巻き込んで、匿名でSNS上を利用する一部の悪質なユーザーの行為に怒りの声を上げている。

 

 木村さんの所属団体「スターダム」のロッシー小川エグゼクティブプロデューサーは24日、自身のツイッターを更新。木村さんが茶トラの子猫を抱いた写真と子猫の写真2枚を添付し、以下のように綴った。

 

 「花に送られたコメント、写真、映像を見るにつけ涙が込み上げてくる。心は強いと自負する私だが、歳を重ねると涙腺がもろくなってしまったようだ。花は飼っていた子猫をカゴに入れ事務所のドア外にそっと置いて旅立ってしまった。この子猫は花の形見のようだ。だから一層、可愛くも愛おしくも見える。」

 

 ネット上では亡くなる直前まで愛猫を気遣った木村さんの行動に大きな反響が。ロッシープロデューサーのコメント欄には「なんで他の命を大切にしてあげられる人がこうにもならないといけないんだか。もう涙が止まらないです、、、木村花はこれからも皆の中に輝き続けることでしょう」、「猫ちゃんと一緒に暮らしている人はわかると思う。この子より先にいってはいけない。この子には私しかいないのだから。花さん。花さん。あなたの心はズタズタに引き裂かれていたのに、それでも事務所にこの子を預けに。どうか遠い未来、虹の橋で待ってて。走ってくるこの子を抱きしめてあげて」と追悼のコメントが書き込まれた。

f:id:imp0201:20200523205151j:plain

 また、「ロッシーさんも傷心されているとは思いますが、ご遺族である響子さんや残された選手に最大限のフォローをお願いいたします。そして今回の件は今後の事も考えるとブシロードさんと相談して法的に毅然とした対応を取らないと示しがつかないと感じています」、「猫ちゃんが悲しい顔をしてますね。。選手を守る意味でも、再び犠牲者を出さないためにも会社としてしっかりと然るべき措置を取ってください。って私は軽はずみに言えませんが、団体の皆様や響子さんのことを考えたら」、「飼っていた猫をその場所迄持っていき、マンション迄帰る…その道のりがどんなに怖い物だっただろうか。悲しかっただろうか。想像を絶する。警察へ届出を」とネット上で木村さんに誹謗中傷したネットユーザーの処罰を求め、情報開示請求を望むリプライが多かった。