【スポンサーリンク】

韓国首脳が日本に向けたある提案に、「感覚が理解できない」の声が

 韓国の李洛淵首相と2日にソウルで会談した日韓議連幹事長の河村建夫氏が、輸出管理上の最優遇国からの韓国の除外措置と日韓で軍事機密を共有する協定の破棄をセットで元に戻すことを李首相から提案されたと明らかにし、大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、帰国した羽田空港で取材対応した河村氏は「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)と『ホワイトリスト』をセットで一緒に元に戻すことはどうだろうかと」と提案されたことを明かした。河村氏は、徴用工問題と同時に協議を始めることが必要であることを伝えたという。

f:id:imp0201:20190823173216j:plain

 ネット上では、李首相が日本に向けて発言した提案に反発の声が多い。「全く別次元の話をセットにする感覚が理解できない」、「GSOMIAとホワイト国指定がセット?なんで韓国が一方的に得をする提案を日本が飲むと思うのかな?レーダー照射問題とか、徴用工訴訟問題とか、優先すべき提案があるんじゃないの?」、「問題が違うんだけど…それと、ハンバーガーじゃないんだから、セットとか発想がヤバすぎ。それと、始めからこうするシナリオで破棄したのでしょう。浅はかすぎる」などの指摘が。日本政府もこの提案に応じる可能性は低いとみられる。