【スポンサーリンク】

救助中にヘリから女性40m落下で心肺停止 「救助隊員擁護」に批判の声も

 東京消防庁は13日、福島県いわき市で、台風19号の救助活動に当たっていた消防ヘリ「はくちょう」が70代の女性を誤って落下させる事故が起きたと発表した。女性は意識がなく、心肺停止状態で病院に搬送された。

 

 メディア報道によると、13日午前10時ごろ、浸水被害が起きていた福島県いわき市平地区で、東京消防庁の隊員が女性の体をハーネスで固定してヘリに収容する際、誤って高度約40メートル下に落下させたという。

 

 東京消防庁は同日に会見を開き「活動の手順を誤ったことが事故の要因」と話し「受傷された方、ご家族の皆様に心からお詫びを申し上げます」と謝罪。今回の事故で救助活動にあたった救助隊員は2名で、年齢はともに32歳。消防に入ってからは12年と13年で特別救助隊員の資格を有しているという。同庁は今回の台風で孤立している世帯が多いとみられる福島県と長野県にヘリコプターの部隊を派遣し、13日朝から救助などにあたっていた。

 

 今回の痛ましい事故にネット上では、救助中の事故ってのは切ないね。これにめげずに救助頑張ってください」、「痛ましい2次災害だが、救助隊の非難は、絶対してはならないと思う」、「これは残念な事でありますが痛ましい事故です。誰かの責任の問題ではありません、救助隊員の方々の体力も確認しつつ引き続き力を尽くしていただければと願います」など救助隊員を擁護する声が多い。

f:id:imp0201:20191013173206j:plain

 一方で、「消防職員です。『一生懸命やった上での事故、故に隊員は責められない、今後、これにめげず頑張って欲しい…』こんな安易なコメントが散見されますが、これはとんでもない話。我々消防人として、起きてはいけない事故、取り返しのつかない事故です。これらを絶対的に防ぐために救助隊(もちろん航空隊も)は日々の訓練を積んでいるのです。訓練どおりであれば事故はおきません…つまりそこに何らかのミス若しくは予測を越えた事態がおきたとしか考えられません。隊員を擁護する声は同業者としては複雑な気持ちです。当の隊員とて擁護など不要と感じでるはず、それほど使命感を持って務める職務だからです」と同業の消防職員として、擁護する声に異論を唱える指摘も。今回の救助に関わった救助隊員が最も責任を感じているだろう。再発防止に向け、消防に関わる組織全体で今回の事故を重く受け止めなければいけない。