【スポンサーリンク】

なぜ?星野源とコラボ動画の安倍首相に苦言呈した「ある政治家」に、批判殺到

 安倍晋三首相がSNSで、歌手で俳優の星野源が公開した「うちで踊ろう」とコラボし、室内でくつろぐ動画を公開したことに批判が集まる中、立憲民主党の蓮舫参院議員が12日、に更新したツイートが大きな波紋を呼んでいる。

 

 蓮舫氏は、安倍首相がソファでくつろいでいる様子に「ご自身が自宅でくつろいでいる様子で、国民も自宅待機をして欲しいと言うのでしょうか。医療現場、福祉関係の現場、ライフライン維持をされている方々、生活のために仕事を休めない方々の気持ちに応えるには、自身の自宅映像や芸能人映像ではなく『自粛と補償はセット』の政策を、安倍総理」と苦言を呈した。さらに、「ご本人のお考えだとすれば、なぜ誰も止めなかったのか。側近と言われる方々の発案だとすれば、『これはおかしい』と何故総理は言わなかったのか」と訴えた。

f:id:imp0201:20200402110036j:plain

 ネット上では蓮舫氏のツイートに賛同する声も見られるが、批判的な意見の方が目立つ。「蓮舫議員のお仕事って、こうした与党議員の行動をいちいちイチャモンつける事なんでしょうか。全国の知事さんたちは本当に色々各地にあった知恵を絞って頑張っておられるのに」、「総理だけじゃない。蓮舫さん貴方も議員報酬削って国民視線で考えようと行動しないのが疑問。一般国民は助けてとしか言えないなに身近にいる議員が何故何も行動起こさないの?選挙の時だけ必死に人伝に協力し合えるなら今その力使うべきでないでしょうか」などのコメントが。また、「政権交代は永遠に無理ですね。言葉はよくないけどここで強力なリーダーシップを発揮出来ればこの人達にとってチャンスだと思うのですが」と嘆く声も見られた。