【スポンサーリンク】

紅白視聴率のある演出に、「頭おかしいのか?」と批判の声が

 ビデオリサーチが2日発表したデータによると、大みそかに放送された第70回NHK紅白歌合戦の後半(午後9時~11時45分)の平均視聴率は関東地区が37.3%、関西地区が36.2%だった。前年より関東は4.2ポイント、関西は4.3ポイント下がり、2部制に移行した89年以降で共に最も低かった。従来の最低記録は、関東が15年の39.2%、関西が06年の37.6%だった。

 

 ネット上では、「無駄な企画が多い。高齢者のように今の歌をあまり知らない層は、テレ東の同時間帯の歌番組に流れたと思う。視聴率回復のためには高齢者をつなぎとめつつ、いい塩梅で若者に人気の歌手を出演させることが大切だと思う」、「数十年前は7時からレコード大賞、9時から紅白歌合戦が定番だった。余計な演出もなく飽きず見ていた。今は無駄な演技が多すぎる。番組内容・構成を見直してはいかがでしょうか」など視聴率低迷の要因として、番組の企画を指摘する書き込みが多かった。

f:id:imp0201:20200102174623j:plain

 また、山内惠介が唇スカーレットを歌った際、山内そっくりの仮面をかぶったダンサーたちが登場した演出に疑問の声が。「山内さんの時、山内さんのお面をみんなが付けているのを見てNHKマジで頭おかしいのか?と思った。全体的に歌合戦じゃなくバラエティーと化していた。うたコンの方がマシなレベル」、「お面の集団はコンセプトが全く分からなかった」などの意見がみられた。