【スポンサーリンク】

史上最低視聴率の紅白で、「ある歌手」に視聴者の批判が集中

 ビデオリサーチが2日発表したデータによると、大みそかに放送された第70回NHK紅白歌合戦の後半(午後9時~11時45分)の平均視聴率は関東地区が37.3%、関西地区が36.2%だった。前年より関東は4.2ポイント、関西は4.3ポイント下がり、2部制に移行した89年以降で共に最も低かった。従来の最低記録は、関東が15年の39.2%、関西が06年の37.6%だった。

 

 ネット上では「ジャニーズ、秋元グループ、嵐…歌合戦なんだから生歌できるアーティストを出してくれ」、「紅白は毎年観ている58歳です。ジャニタレ、なんとか坂、が出すぎ!もううんざり。じっくり歌を聴きたいのに…これでは視聴率は下がるでしょうね!ほんとつまらない紅白でした️」などの書き込みが多かった。

f:id:imp0201:20200102174623j:plain

 また、「なんせ、口パク歌手が多いからね。歌合戦なら口パクではなく、ちゃんと自分の声で歌ってほしい。その点、昔のアイドルの歌唱力は凄かった…」、「正直下手な歌手が増えたような感じがする。昔の紅白は上手な歌手が多くて素晴らしかったです。面白くなかったので、途中チャンネル変えました。知らないアーティストが増えたのも残念です。島津亜矢さんの糸なら中島みゆきさんの糸が聴きたかった。紅白ならカバー曲じゃなくて自分の曲にすれば良いのにね」と歌唱力の低下を指摘する声も少なくない。「令和になってこの数字は立派でしょう。俺はまともに観ないけど内容が酷かったと思う。ちゃんとした歌手に歌ってもらうだけでいいのに訳分からない演出が多過ぎる」、「意味のない演出が多く『つまらない』ってことに早く気付くべきです。又、聞きたい歌手そのものがいないしそもそも紅白とは何を競っているのか理解できないと感じているのは私だけ?」とNHKの制作内容にも疑問の声が多かった。