【スポンサーリンク】

なぜ?紅白歌合戦である人気グループに、「がっかりした」の声が

 ビデオリサーチが2日に発表したデータによると、大みそかに放送された第70回NHK紅白歌合戦の後半(午後9時~11時45分)の平均視聴率は関東地区が37.3%、関西地区が36.2%だった。前年より関東は4.2ポイント、関西は4.3ポイント下がり、2部制に移行した89年以降で共に最も低かった。従来の最低記録は、関東が15年の39.2%、関西が06年の37.6%だった。

 

 特に批判が多かったのが、NHK2020ソングの「カイト」、トリでスペシャルメドレーを歌った嵐のパフォーマンスだった。ネット上では、「嵐はいつも口ぱく。ジャニーズのトップをスマップから引き継がれた形なのかもしれないけど、スマップはちゃんと歌ってたよ。そういう点ではトップとしては個人的に思わない」、「嵐の歌が何一つ響かないのは口パクだから。米津の楽曲も、大トリのパフォーマンスもせっかく場を与えられているのに全く活かせてなかった。レコーディングの状態を届けることが最高だと考えているなら改めたほうがいい。取り巻きが凄いから気づいていないだろうが、もう人気がないことを誰か教えてやれよ」、など手厳しい書き込みが。

f:id:imp0201:20191231105340j:plain

 また、「口パク自体は否定しない。ISSAや三浦大知のようなレベルを、ジャニーズやAKB・坂道のようなただのアイドルに求める必要はないと思う。ただ、マイクは切っててもいいけど、自体はちゃんと歌ってて欲しい。激しいダンスを踊りながらも歌自体はちゃんと歌ってて、でも実際に流すのは音源のほう、そういう口パクなら許容できる。『リップシンク』という技術があるなら、ちゃんと音源に合わせに行く気持ちは必要でしょう。誰とは言わないが、明らかな口パクで、歌唱行為自体を適当に流してる人がいて(口の動きや開き具合と、聞こえてくる歌声が違いすぎた)、流石にそれは違うと思う」という指摘も見られた。