【スポンサーリンク】

大阪・吉村知事が怒りを露わにした「あるタレント」の対応に、批判の声が殺到

 大阪府の吉村洋文知事が新型コロナウイルス感染防止による休業要請に応じない大阪府内のパチンコ店6店舗を公表したことを批判し、吉村知事から「お気楽な立場だよ」と苦言を呈されたタレントのラサール石井がツイッターで反応し、大きな反響を呼んでいる。

 

 吉村知事から「影響力ある立場なら『今だけはやめときましょう』位言えないのかね」と指摘されたことに、石井は、お笑いタレント・ぜんじろうのツイートを引用して「影響力全くありません。ごまめの歯ぎしり。そんな呟きに反応していただいて大変申し訳ない」と投稿。「店名の公表がなんか『市中引き回しの刑』みたいに感じたので他に方法なかったのかと思った次第です。すみません気の利いた事も言えず」と続けた。

 

 石井は吉村知事の店名公表に対し、「『皆さん、パチンコ屋が軒並み閉まって大変でしょう。今ならここが開いてますよお』と宣伝した結果になるの、わからんかったんかな」と26日のツイッターで皮肉り、吉村知事が不快感を示していた。

f:id:imp0201:20200402110036j:plain

 石井の反応にネット上では、「こういう負け惜しみが、往生際が悪くて嫌だな。『足を引っ張るような事を言ってしまって申し訳ありませんでした』と素直に謝るのが大人だろうに」、「裏を返せば、吉村府知事はラサール石井のことを発言に影響ある人物と認めていたわけじゃん。なのに、そんな返し方をしてしまうの?」など批判のコメントが。また、「とにかく、無責任な発言をするタレントコメンテーターが多過ぎます。あれが報道なのですか?メディアもそろそろ、しっかり取材して、本当に必要、重要な情報を報道して欲しい」という指摘も見られた。