【スポンサーリンク】

ラサール石井のツイートに批判殺到 「捜査している警察に失礼」の声が

 警視庁が16日、女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで緊急逮捕した事件で、タレントのラサール石井(64)がツイートした内容に批判が殺到している。

 

 ラサール石井は「まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出しているでしょ」とツイート。安倍首相主催の「桜を見る会」をめぐる一連の問題などを踏まえた発言と解釈できる内容だが、ネット上ではこの発言に反発の声が多い。

 

 「注目が逸れるのが嫌なんだろうけど、『政府・安倍総理が追及されている状況にあるので逮捕は後回しにします』っていう捜査当局なんて絶対ダメだろ」、「呆れたね。そもそも、芸能人が薬物とかやっていること自体が問題でしょ!ただでさえ、芸能界では社会と違って薬物で逮捕されても復帰しているとか言われているのに、逆に芸能界で薬物による逮捕者が頻繁に出ていると憂うべきでしょ」、「彼女が逮捕されたのは、法を犯したから、政府が問題を起こしたからではない。法を犯さなければ逮捕されることはない。政府が問題を起こす事態がなければ逮捕される事もなかったとしたらそれこそ問題。関連づけることがおかしい」などの書き込みが。「地道な捜査をしている方に失礼極まりない」という意見も見られた。

f:id:imp0201:20191117095259j:plain

 一方で、「言っていることはくだらないけど、衝撃的な芸能ニュースが流れても政治家への監視の目を緩めないことは大事」、「この沢尻エリカの事件はワイドショーで扱う事案であった報道番組では必要ない。安倍首相の桜を見る会の一件がメディアに取り上げられなくなることになるような状況はよくない」という主張も。沢尻エリカの事件の衝撃は大きいが、政治家の問題も徹底的に真相究明するべきという見方は少なくなかった。