【スポンサーリンク】

安倍首相辞任で、ラサール石井の「あるツイート」に批判の声が殺到

 タレントのラサール石井が28日、安倍晋三首相が辞意を表明したことを受けて、自身のツイッターを更新。「望んでいたことだが、全く喜びも感慨もない。何とも言えぬ脱力感。記者会見はヌルく、まるで番記者と総理のお別れ会のよう。3年B組金八先生か」と突っ込みをいれた。

 

 またこの日の会見では安倍首相が直前まで、会見内容を推敲したため、プロンプター(原稿映写機)が使用されなかったことについても言及。「てかプロンプターなしでできるんじゃん。最初からそうすりゃいいのに。まだまだ闇は続く。何も終わらぬ。何も変わらぬ。みんなで見続けるしかない」と今後も疑惑を追及する姿勢を見せた。

f:id:imp0201:20200603194655j:plain

 ネット上では「それぞれの立場からの意見はあるでしょうが、日本で最もストレスのある仕事を歴代最長期間勤めた方にまずはお疲れ様でした。が人としてかける言葉かと思います。そういった基本的な配慮がないから、誰も聞く耳を持ってくれないため過激な表現をしてしまったり誰にも話を聞いてもらえないのではないでしょうか?」、「安倍さんが嫌い、ただそれだけの人。好き嫌いはともかく、一国のトップが辞任して、先行きがどうなるかって時に至っても、まだ批判。それだけ見てもこの国の事を考えて発言している訳では無いのが分かる」など批判の声が。また、「家族に同病で苦しんだ者がいる身としては、ラサール氏の発言に対し怒りと嫌悪感しかない」というコメントも見られた。