【スポンサーリンク】

プレミア12 侍ジャパン世界一に、韓国人から「ある指摘」の声が

 侍ジャパンは17日、「第2回WBSCプレミア12」決勝の韓国戦(東京ドーム)に5-3で逆転勝利し、10年ぶりの世界一に輝いた。09年の第2回WBCで韓国を下して以来、10年ぶりの国際大会での優勝。15年のプレミア12で敗れた相手にリベンジを果たし、同大会で初の頂点に立った。

 

 韓国としてみれば、最高の先制攻撃で3点を奪っただけに、悪夢の逆転負けはショックは大きい。初回に山口の立ち上がりを攻め、2番のキム・ハソンが左翼席へ先制2ラン。さらに5番のキム・ヒョンスもソロを放ち、3点を先制した。しかし、左腕エースのヤン・ヒョンジュンが踏ん張れない。直後の初回に4番・鈴木に適時二塁打、2回も山田に逆転3ランを浴びるなど3回4失点KO。打線も6回以降は無安打と日本の救援陣を攻略できずに敗れた。

 

 前日16日の2次ラウンドの敗戦を含め、日本に2試合連続敗れたことに韓国の野球ファンのショックは大きい。試合後、ネット上では、「悔しい。勝てると思っていた試合でまさかの逆転負け。悪夢だ」、「我々が勝たなければいけない試合。日本のホームだったのを差し引いても今日の負けはなかなか受け止められない」と悔しさをにじませるコメントが多かった。

 

 一方で、韓国と日本の差を指摘する意見も。「韓国の方がパワーはあるが、もろさも感じた。守備や走塁もミスが多い。細かい部分をしっかりやらないと接戦は命取りになる」、「日本の投手の方が韓国より明らかに上。今回、日本は菅野らエース級の選手が出ていない。東京五輪もメジャーリーガーを招集できない中、現有戦力で戦わなければいけない。韓国の今の先発の陣容では苦しい」などウィークポイントを分析する書き込みも見られた。

f:id:imp0201:20191118071210j:plain

 「五輪はこちらの方が過去に良い試合をしている。東京五輪では日本にリベンジして金メダルを獲りたいね」という声も。今回は日本が勝利の美酒に酔いしれたが、来年の東京五輪でも韓国が手強い相手として立ちはだかるのは間違いないだろう。