【スポンサーリンク】

巨人・丸に擁護の声が殺到 広島ファンのポルノ・新藤晴一の丸への苦言は嫉妬?

 広島の熱狂的なファンとして知られるロックバンド「ポルノグラフィティ」の新藤晴一(44)が17日夜に自身のツイッターでつぶやいた巨人・丸佳浩への苦言が大きな反響を呼んでいる。

f:id:imp0201:20190104123729p:plain  

 丸は16日の広島戦(熊本)で同点の8回に5号2ランを打った後に、三塁ベンチで待ち構えたナインが両手で〇を作ったポーズに、自身も首を揺らしながら両手で〇を作ったパフォーマンスで応じた。試合は広島が9回に3点を奪って逆転勝利を飾ったが、新藤はツイッターで丸のパフォーマンスに言及。「いいのよ、丸さん。現チームで全力を尽くして、HR打つのも。全然」としつつ「ただ、ダイアモンド一周した後のベンチでの『○!首カクカク』とちょっとおちゃらけたパフォは、古巣に対してどうなんだろうか?嫌いになりたくないのよ。嫉妬なんでしょうか。#carp」と苦言を呈した。さらに「日ハムに移籍した大田泰示さんは、ジャイアンツ戦勝利の時、お立ち台でお決まりのパフォーマンスを促された時、勘弁してください、と言ってたな、と」と投稿。巨人から日本ハムに移籍した大田は古巣の巨人戦で活躍した際にパフォーマンスを自粛したことを引き合いに出した。

 

 新藤のツイートに対して、SNS上では「ジャイアンツのチームメイトに向けたパフォーマンスであって相手チームに対する物ではないと思います」、「移籍したんだから、新しいチームに溶け込むのは大切なこと。丸はホームランやヒットを打つだけが仕事ではない。チーム全体に溶け込み、盛り上げていくと言う大切な仕事がある。国内の野球選手では最高の契約を交わしたと言う喜びとプレッシャーの重圧の中で、彼なりに頑張っている事はわかってあげなきゃ可哀想だ」と丸を擁護する意見が圧倒的に多い。また、丸の2ランの後に広島が再逆転して勝利を飾ったことに、「丸のあの一発で追い込まれたカープが目覚めたよ。感謝している」、「勝った事実に目を向けましょう。低迷しているから嫉妬したくなるけど、丸は巨人の選手と吹っ切れました」と前向きな声も多い。まだシーズンは始まったばかり。広島が最下位に沈んでいるチーム状態から上昇気流に乗れば、丸のパフォーマンスも気にならなくなるかもしれない。