【スポンサーリンク】

53歳警部が強制わいせつ容疑も逮捕せず…「警察は身内に甘い」と批判殺到

 滋賀県警は25日、県警の警察署勤務の男性警部(53)が知人女性に無理やりキスしたなどとして、強制わいせつの疑いで書類送検した。県警は同日、警部を停職1カ月の懲戒処分にし、警部は依願退職した。

 メディア報道によると、警部は3日午後9時ごろに米原市内の飲食店で酒に酔い、男女共用トイレで偶然会った知人の20代女性に無理やりキスをしたり体を触ったりしたという。翌4日に女性から相談を受けた同席の知人男性が県警に被害を訴え、事件が発覚した。県警は警部を逮捕しなかった理由を「逃亡の恐れがない」と説明。警部の所属については、女性のプライバシー保護を理由に明らかにしていないという。

f:id:imp0201:20190725213240j:plain

 ネット上では警部を逮捕せず、実名発表しなかった県警の対応に批判の声が殺到している。「名前を出して厳しい罰を与えなきゃ、警察の不信感は大きくなるばかり」、「また、身内に甘い警察のやり方一般人が同じ子とすれば、即拘束される。警察は何をしても許される、日本はおかしい」、「不祥事で依願退職は退職金が払われてる。退職金なしにしないと駄目」などの書き込みが。なぜ逮捕しないのか、実名で発表しないのか、懲戒解雇の事案ではないのか…明確な説明がなければ、国民は納得できない。職務を真面目に遂行している警察官にとっても迷惑な話だろう。