【スポンサーリンク】

山で遭難した男性が警察のヘリで救助も、「ある処罰」求める声が

 北海道富良野市の御茶々岳に入り下山できなくなった大阪府の男性(25)が、捜索中の警察のヘリコプターに無事救助された

 

 メディア報道によると、8月24日昼すぎ、男性は富良野市の御茶々岳(標高:1331メートル)に1人で入り登山をしていたが、午後5時20分ごろ、男性が「山に登っていたが、下山できなくなった」と110番通報。北海道警のヘリコプターが出動して約1時間後、山頂付近で助けを求める男性を発見して救助した。ケガはなかった男性は仕事で北海道に短期間滞在していたとみられていて、知人からこの山を紹介され「思い出作り」で登山していた。男性は半そで半ズボンの軽装で山に入っていて、登山の経験はほとんどなかったという。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 ネット上では、「まずは命が無事だったのはよかった。しかしながら、自分の無知と恥知らずの行動を改める意味もこめて、こうした救出活動にはかかった費用は実費請求するべきだと思う。なんでもかんでも公共サービスはタダではないってことこうしたことからも、事後の例としてもやったらいいと思う」、「昼過ぎから登山で夕方山頂付近って…無謀どころじゃないってド素人の私でもわかる話なんですが…もう、捜索費用は実費請求にして、本来登山に必要な装備をちゃんと持っているかでマイナスしていったほうが良いんじゃないのかな…最終的にフル装備している人は無料になるくらいで」など遭難された男性に対する批判的なコメントが少なくなかった。