【スポンサーリンク】

警官が発砲して包丁を振り上げた男が死亡 ネット上では大きな反響が

 大手メディアの報道によると、28日午後2時15分ごろ、さいたま市見沼区大和田町1丁目の路上で、警察官が刃物を持って向かってきた近くに住む職業不詳 鎌田幸作容疑者(68)に発砲。鎌田容疑者の腹部に命中し、搬送先の病院で死亡が確認された。

 調べによると、午後2時ごろに近くの女性から「路上で人が倒れている」と119番があった。警官2人が駆け付けると、左腕付近から血を流した鎌田容疑者が包丁を持って向かってきた。警官が空に威嚇射撃した後も包丁を振り上げたため、2人で1発ずつ発砲。うち1発が命中したという。

f:id:imp0201:20190529171232j:plain

  川崎の通り魔殺人が起きた同日に発生した事件だっただけに、ネット上では大きな反響が。「素晴らしい仕事です。そうでもしなければ何の罪もない人が死んでいたかもしれません。発砲した警察官の方はもしかすると後味が悪いかもしれませんが、判断に間違いはなかったと自信を持って欲しいです」、「たった1日の間に、さいたまと川崎で、相次いで殺傷事件頑張って起きるとは、どうなってるんだろう。今朝の事件を考えると警察官の判断は、適切だったと思う」など書き込みの大半が警察官の発砲を支持した。

 

 また、「政府や警察の方々が言うほどこの国は安全ではなくなりつつあると思う。アメリカのような銃社会ってのは問題だと思うが何処にでもおかしなヤツが増えてきたと思う。自分や家族、犯人から見た弱者と思われる女性、子供、老人が犯罪被害者にならない為にも備えを所持させて欲しいもんだと思う」と指摘する声もあった。