【スポンサーリンク】

警察犬が行方不明の13歳女子生徒発見 「美咲ちゃんはなぜ?」の声が

 行方不明になった中学生の発見に貢献したとして、戸塚署は8日、警察犬2頭とパートナーを務めた警察官2人を表彰した。2頭にはビーフジャーキーが贈られた。

 

 メディア報道によると、9月29日夜、横浜市戸塚区に住む中学生の女子生徒(13)が自宅から外出後、行方が分からなくなり、家族から署に届け出があった。2頭は同日深夜から捜索に参加。匂いを基に追跡したところ、30日午前1時ごろに自宅近くの歩道で女子生徒を無事発見した。

f:id:imp0201:20190922170213j:plain

 ネット上では、「人間では出来ないこと。ガンがある血液の匂いも体温の違いも匂いで分かるなんて本当に凄い能力」、「犬の嗅覚は本当にすごい。捜査の最前線で大きな貢献をしてくれる」など警察犬を称える書き込みが。一方で、山梨県道志村のキャンプ場に遊びに来ていた千葉県成田市に住む小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が先月21日に行方不明になってから見つかっていない件に言及する声も。「キャンプ場の少女はなぜ犬は臭いで探せないのか不思議だな」、「山梨の子は警察犬で見つからなかったんだな。行方が分からなくなってすぐ警察犬を投入したんだろうか。それなら見つかりそうなものだけど…見つからないということは、別の可能性もあるのか」など消息を気にかけるコメントが多かった。