【スポンサーリンク】

「パトカー幅寄せ」動画に批判殺到の中、バイク運転手に疑問の声も

 警視庁のパトカーが首都高でバイクに対して幅寄せともとれる車線変更を行い、罵声を浴びせた動画が大きな反響を呼んでいる。

 

 バイクのドライブレコーダー映像で撮影されたもので、深夜に起きた出来事だった。高速道路を走行していたバイクが枝川出口付近でパトカーを追い抜こうとした瞬間に、パトカーがウインカーを一瞬出しただけで幅寄せともとれるようにバイクに近づいて車線変更。「てめえ、ナメてんじゃねえぞ、こらあ」と拡声器で罵声を浴びせ、2車線にまたがる形で走行した。さらに、「降りろ、もう高速。高速降りるまで抜かせねえかんな」と強い口調で命じると、バイクだけを高速道路から降ろし、パトカーはそのまま高速道路を走り去った。

 

 この動画はテレビ朝日のワイドショー・情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」でも取り上げられ、警察の対応に批判が殺到。「権力を振りかざして、無理やり幅寄せに罵声を浴びせて、通行妨害をして勝手にバイクの運転手が降りたい出口じゃない所に誘導をするのって、ダメだと思う」、「なんだこのパトカー! 幅寄せしたあげくヤクザみたいな喋り口、暴言。 警察官失格、警邏させるレベルではない、なんとかマスコミに追及してほしい」とネット上は苦言の書き込みであふれた。

 

 警察への苦情が多い中で慎重論もある。「あの短い動画で警察悪しと決めてはいけない。警察官が皆正しいとは思わないが、パトカーの警察官を非難するのであれば、ドライブレコーダーにパトカーが映る前からパトカーが消えるまでの全てがあると思うので、それを公開すべきである」、「推測ですが、何もしないライダーにいきなりあんな事をするとは思えない。その前の動画を見ないとわかりませんが、恐らく相当な挑発や危険行為をしたのでは?その一部分の切り取り動画に思えてならない。悪質なYouTuberが多い中、マスコミも事実関係をちゃんと確認してから放送すべきと思う」という指摘が。

f:id:imp0201:20190712173656j:plain

 どのような経緯であれ、警官が罵声を浴びせたのは頂けない。ただこの動画に映っていない前段階で、バイクの運転手がどのような運転をしたのかは気になる部分だ。警察が一方的に悪くないなら、事の経緯を説明するべきだろう。