【スポンサーリンク】

神戸・ポドルスキ―が3日間の謹慎処分 「ある一件」に比べて不公平の声が  

  各メディアの報道によると、J1神戸の三浦淳寛スポーツダイレクター(44)が1日、ツイッターで川崎戦に欠場することなどを明かしていた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)について、謹慎処分を下していたことを明かした。ポドルスキはこの日に神戸市内で行われた公開練習に別メニュー調整で参加。4月28日の川崎戦から同30日のオフも合わせて計3日間の謹慎処分となった。

  ポドルスキは4月26日に自身のツイッターで「色々な憶測が飛び交う前に、浦和戦での負傷によりプレーすることができないことをここで伝えます」などと投稿。川崎戦に出場しないことを明かしたため、クラブは出場可否や負傷の情報を無断で発信したことを問題視。27日には三浦SDがポドルスキを事情聴取し、3日間の謹慎処分を下した。 

f:id:imp0201:20190501174056j:plain

 だが、クラブのこの裁定について「処分が軽すぎる」という声が多い。神戸では昨季在籍していた高橋峻希(現・柏)がイニエスタの欠場を知人に漏らし、SNSを通じて拡散したことでクラブから1カ月の謹慎処分、Jリーグからもけん責処分が下された。ネット上では「知人に漏らした高橋が1か月で、SNSで不特定多数の人間に発信したポドルスキが3日間。理解に苦しみます」、「3日間ってオフと変わらないでしょ。これじゃ他の選手も冷める。フロントはもっと毅然とした態度で選手を律さないと。だから神戸は良い選手をそろえても強くならないんだよ」と指摘する声が。ポドルスキ―を見るサポーターの目も厳しい。信頼を取り戻すためには結果で証明するしかない。