【スポンサーリンク】

高校の体育教師が暴行 校長のある発言に「隠蔽工作」の疑いが

 サッカー部の練習中、監督が部員に殴る蹴るの暴行を加えている動画がインターネット上で公開され、大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、動画は8日午後5時ごろに撮られたもので学校は鹿児島県出水市の出水中央高校。動画はサッカー部の練習風景を映したもので、監督が3年生の生徒を呼びつけるといきなり足を蹴り、顔を殴ると生徒がその場に崩れ落ちた。暴行したのはサッカー部の監督を務める42歳の体育教師だという。

f:id:imp0201:20191011054215j:plain

 学校は9日、サッカー部員ではない生徒が動画を投稿していたことを把握。校長は「何らかの形で監督を処分するので動画を削除してほしい」と話したという。ヤフーのコメント欄では、ITジャーナリストの篠原修司氏が「動画を削除してほしいというのは隠蔽工作でしかありません。動画が世に出ればいまよりも問題になることがわかったうえでの発言と捉えることができ、体育教師だけではなく校長も責任を取るべき事件と言えます」と批判。ネット上でも、「この表現(校長の発言)が本当なら、凄く違和感を覚えるのは私だけか⁈先にすべきことがあるはずでしょう。校長は当然、他に知っていた教員も同罪でしょう」など校長の管理責任を問う書き込みが目立った。