【スポンサーリンク】

無免許運転で女性ひき逃げ 容疑者の「驚きの発言」に怒りの声が

 無免許で車を運転し、女性をひき逃げしたとして、三重県警はペルー国籍で鈴鹿市の無職、ルイス・サンチェスビクトル・ミゲル容疑者(59)が自動車運転処罰法違反(無免許過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された。

 メディア報道によると、ルイス容疑者は24日正午ごろ、無免許で軽乗用車を運転し、鈴鹿市神戸で自転車の女性(84)をはねてけがをさせてそのまま逃走した疑い。ルイス容疑者は国際免許証を持っておらず、日本で運転免許を取った形跡もないという。

 

 警察の取り調べに対し、ルイス容疑者は「ペルーでこんな事は事故にあたらない」と供述したという報道に、ネット上では怒りの声が殺到。「ここは日本です。しかも、無免許運転でひき逃げとは救いようがない」、「ペルーでは事故にならないとは一体どこのペルーに住んでらっしゃるんですかね。ここは日本です。マナーのない方は来ないでいただきたい」、「残念ながらここは日本です。日本の法律で裁かれることになります。勘違い野郎は痛い目を見ないといけませんからね」と厳罰を望む書き込みが多かった。

f:id:imp0201:20190923152632j:plain

 また、「なぜ無免許の人が車を持っているのかが不思議。それと外国人は強制的に任意保険に入らせるべき」、「無免許って事なら、当然、無保険なのだろうし…マジ怖い。最近は車の事故が多いので車検のように車外から保険の未加入が確認出来るようにして欲しい。そうすれば、無保険車は、警察が簡単に検挙出来るようになるはず」など同様の事故を未然に防ぐための案も。悪質な事故に反省のかけらもない態度は許されない。