【スポンサーリンク】

「花見写真」昭恵夫人に批判収まらず…「ある商品」の不買運動が起きる事態に

 安倍首相の妻・昭恵夫人が今月下旬に都内で開かれた食事会に参加し、桜をバックに撮影した写真を週刊ポストが掲載した件で、思わぬ事態が起きている。

 

  同誌によると、新型コロナの感染が拡大し、国民の行動が制限されている中で、昭恵夫人は人気モデルの藤井リナやアイドルグループ・NEWSの手越祐也などが参加した食事会に参加。桜をバックに写真を撮影。安倍晋三首相が27日の参院予算委員会で、昭恵夫人が滞在したのは公園ではなく、場所はプライベートなレストランであると説明。「(会合後)みんなで記念写真を撮影する際に、(敷地内の)桜を背景に写真の撮影をした」と発言したことで国民の怒りはさらに膨らみ、批判の声が殺到した。

f:id:imp0201:20200229174503j:plain

 ネット上では、「今日、美味しそうなプリンが売っていたが、メーカーを見たら、昭恵の親が社長だった森永製菓のプリンだったので買うのを辞めた」、「昭恵のふざけた行動を絶対に許さないという思いを込めて森永製菓の商品は絶対に買いません」などの書き込みが。昭恵夫人の実父は森永製菓社長を務めた松崎昭雄で、生家の松崎家は、森永製菓創業家の森永家と繋がりが深い家系であるために、今回の騒動で森永製菓の商品の不買運動の動きが高まったとみられる。一方で、「森永製菓の商品は美味しいし、昭恵とは関係ないでしょ」と呼びかける意見も見られた。