【スポンサーリンク】

中国で男性が腹を出す「北京ビキニ」の規制強化 日本国内は意外な反応が

 中国で中年男性がシャツをまくって腹を出して暑さをしのぐ「北京ビキニ」を規制強化する動きが国内外で大きな反響を呼んでいる。山東省の済南市政府は1日、公園や広場などで上半身裸になることが「非文明的」として、改善に取り組むよう関係機関に通知したという。天津市でも公共の場で上半身を裸にする行為に罰金を科すなど、規制強化の動きが広がっている。

 日本国内のネット上では、北京ビキニの規制強化を嘆くが多い。「北京留学中、この『北京ビキニ』が夏の風物詩だった。最初見たときはちょっと驚いたけど、留学2年目では愛着が湧いた。というか、彼(現夫・日本人)も、北京で似たようなスタイルしてた。少しおなか出すと涼しいんだって」、「公園で上半身裸で体操しているおっちゃんを見ると中国に来たなぁ〜って感じられたので、スーパー個人的には残念」、「腹出しで歩いてるおっさんを成都で初めて見たときは驚いたしなんかもう感動した。彼らなんでこんなマイペースでやりたい放題なの?素敵だ… と笑 規制までいらんよー誰にも迷惑かけてないよ」などの書き込みが。北京ビキニの呼称を知らなかったという声も多く、「北京ビキニって言うんだ。新小岩の駅前でたまに見かけるよ」という目撃情報もあった。

f:id:imp0201:20190708021449j:plain

 炎天下に中年男性が腹を出した姿を不快に感じる人がいるかもしれないが、日本国内では中国の夏の風物詩として愛着を持っていただけに、規制強化の動きを寂しく思う人が多いようだ。