【スポンサーリンク】

「平和な国」ランキングで日本は9位 韓国は48位も国民が「大喜びの理由」とは

 シンクタンク「経済平和研究所(IER)」が発表した「世界平和指数(GPI)2020」報告書によると、韓国は1.829点で163カ国の中で48位だったと韓国メディアが報じて大きな反響を呼んでいる。

 

 GPIは「進行中である対内外紛争」「社会安全および安保」など平和に関連した3部門で23指標を点数化したもので、合計が1点に近いほど平和な状態と評価される。北朝鮮は2.962点で151位と1ランク下落した。

 

 最も平和な国はアイスランドの1.078点で08年から1位を占めた。2位以下はニュージーランド、ポルトガル、オーストリア、デンマークが順に2~5位だった。一方で。最も平和でない国ではアフガニスタン(3.644点)。他にシリア、イラク、南スーダン、イエメンが下位。日本は9位だった。

f:id:imp0201:20200601165811j:plain

 韓国は48位と隣国の日本と大きく離されているが、9ランク上昇しただけに、韓国国民は好意的な反応が多い。「文大統領の功績でしょう。朝鮮戦争が休戦中の状況で健闘していると言えるだろう」、「9ランク上がったことは誇れる。コロナもしっかり封じ込めているし今後も順位が上がるだろう」など喜びのコメントが目立った。一方で、「貧富の差が拡大してギスギスした雰囲気が流れている韓国が平和な国とは思えない」、」「48位って発展途上国のレベルだよ。順位がこれまでが低すぎるだけで浮かれている場合ではない」という指摘も見られた。