【スポンサーリンク】

女子高生に2万円渡してわいせつ行為 逮捕された男の「職業」に驚きの声が

 埼玉県深谷署は8日、東京都世田谷区給田3丁目、アルバイトの男(27)を児童買春・児童ポルノ処罰法違反の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、男は昨年10月24日、女子高生が18歳未満と知りながら、現金2万円を渡し、都内のホテルでわいせつな行為をした疑い。男は女子高校生と昨年10月上旬、会員制交流サイト(SNS)で知り合ったという。女子高校生の携帯電話の履歴などから男が浮上した。

 

 ネット上では、「アルバイトってなにやってるかわからないけど、2万って結構高いでしょ?そこに驚いた。常習性がある感じがするね」、「27歳の男がアルバイトで、児童買春で逮捕とか親が泣くぞ」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200909105709j:plain

 また、「いつも思う事。この手の事件を本気で撲滅しようと考えるなら、売った方【言葉悪くて申し訳ないです。】も同じように罰則するべき。少年犯罪やイジメもしかり。未来を担う若者達を大切にするのはわかるが、良いものは良い、悪いものは絶対にダメであり許されないという事を就学時点で根気よく伝えていくべきだし、法律も整備する。このまま日本が澱んでいく感じがしてならない」、「こうゆうの多いね。女子高生は明らかにお金目的だよね。で、男だけ逮捕とか…。悪意をもって積極的に年齢を誤魔化そうとすればいくらでも方法があるなかで、いつも買った側のみの罰則って、もうそんな時代じゃないでしょうに。大人に騙されてわいせつされた側と本人の意思のもとわいせつに及んだ側で処分を変えるべき」と売春行為をした女子高生にも処罰を求める意見が目立った。