【スポンサーリンク】

フランスで起きた想定外?の出来事に、中国で「涙が出た」と大反響が

 フランスのサッカークラブ・パリ・サンジェルマンFCがボルドー戦の試合開始前に、「中国がんばれ」というメッセージを中国語と英語で書いた大きなシートがグラウンドで敷かれたことが中国で大きな反響を呼んでいる。またパリ・サンジェルマンFCの選手たちは、「中国がんばれ」と刻まれたユニフォームを着て試合に臨んだ。スタジアムの大型LEDスクリーンにも「中国がんばれ」と試合中に何度も表示された。

f:id:imp0201:20200210172530j:plain

 パリ・サンジェルマンFCのユニフォーム前部のスポンサーロゴが応援メッセージに変えられたのは、15年のパリ同時多発テロ事件、19年のノートルダム大聖堂火災の時に続いて今回が3度目。このニュースはフランス国外でも大きな反響を呼んだ。中国のネットユーザーからも「フランスからこのような応援メッセージが送られるとは思わなかった。感謝の気持ちしかない」、「涙が出た。フランスは中国人やアジアの人間に対して差別が激しいと言われているが、このように温かく接してくれる方たちもいる。本当にありがたい」など感謝のメッセージが殺到した。