【スポンサーリンク】

3歳娘の首絞めて殺害 両親の犯行動機に怒りの声が殺到

 3歳の娘の首を絞めて殺害したとして、千葉県警は1日に君津市、父親で警備員の羽山和宏容疑者(51)と母親の有布子容疑者(40)の両容疑者を殺人の疑いで逮捕した。ネット上ではその身勝手な犯行動機に怒りの声が上がっている。


 メディア報道によると、両容疑者は1日午前1時~1時半頃、同県館山市の民家で、次女の有依ちゃん(3)の首を両手で絞めて殺害した疑い。犯行後の午前3時頃に館山市内の公衆電話から、和宏容疑者が「娘の首を絞めて殺してしまった」と警察に通報。現場に駆けつけた署員が、和室であおむけに倒れている有依ちゃんを発見した。民家は和宏容疑者の実家で、普段は空き家だった。

 

 両容疑者は警察の取り調べに、「借金で生活が困難になり、無理心中をしようとした。実行できなかった」と供述しているという。3歳の愛娘を身勝手な動機で殺害した犯行は許されない。ネット上では、「あまりにも身勝手。両親もそれなりに経験を積んだ年齢で借金を苦に無理心中… 幼い我が子を殺めて自分は死ねなかった?亡くなった子が可哀想で仕方がない。どうか安らかに眠ってほしい」、「借金があっても子供は殺せない。子供には未来がある。生きていれば良いことがある。子供の頃の苦しさを糧にすばらしい大人になる。親のエゴで子供を巻き込むな。悲しい」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20190920165024j:plain

 「冷たいかもしれないけど全く同情しない。無理心中?ふざけるな。これは立派な殺人だ。子供だけ殺して自分たちは死にきれなかったとか勝手すぎる。子供は最後にどんな辛い思いをしたのか想像できないのか。反省しろとかそういうレベルじゃない。刑務所から出てこないでほしい」など厳罰を求める書き込みも少なくなかった。