【スポンサーリンク】

冷蔵庫に女子大生遺体 父親が首つり死亡…「これ以上の報道控えるべき」の声が 

 7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区の和菓子店の冷蔵庫内で、近くに住む大学生の木津いぶきさん(18)が亡くなっている姿で発見された。メディア報道によると、この店を経営する父親の英喜さん(43)がいぶきさんの殺害を家族にほのめかした後、行方が分からなくなっていたが、同日早朝にさいたま市内の河川敷で遺体で見つかった。英喜さんは木に首をつっており、自殺とみられる。いぶきさんの首には絞められたような痕があったという。

 

 いぶきさんは両親と弟の4人暮らし。6日朝からアルバイトのため外出したが、アルバイト先を訪れていなかった。英喜さんは午前7時ごろから仕事に出ていた。衝撃的な事態が判明したのは同日夜だった。午後6時35分ごろ、いぶきさんの弟から「お父さんが自殺しようとしている。お母さんが電話で止めている」と110番通報があった。英喜さんは「手首を切った。川に沈んで死ぬ」などと話していたという。英喜さんの所在が分からなかったため、母親が警視庁尾久署に相談していた同7時ごろ、「娘を菓子店で切った。死にたい」と自宅に電話がきたという。


 近隣住民によると、英喜さんは子煩悩でいぶきさんや家族と仲良く暮らしていた印象が強いという。それだけにこの事件のショックは大きく、残された母親、いぶきさんの弟の精神的ショックが心配される。ネット上では、「これ以上明確な報道は要らない。仲が良かった家族内でのことだし、残された母と弟が気の毒すぎる。事実を知ったところで第三者には何の意味もない」、「残された遺族の方を思うとそっとしておくべきだと思います。よほどのことがあったと思います」、「私もそう思うな。これ以上の報道は暴力だよ。そっとしといたほうがいい」などメディアに報道の自制を望む声が多い。

f:id:imp0201:20190617110007j:plain

 一方で、「このニュースを家庭内のこととして報道を控えるべきだとする意見もあろうが、これこそ大々的に議論すべき問題」、「真実が知りたい。一体誰がこの親子が自殺するほど追い詰める様な事をしたのか! なんか親子を苦しめた奴がいるような気がする だからこれはもっと捜査をするべきだ」という意見も。国民には「知る権利」があるが、残された家族をさらに追い詰めるような報道は自粛するべきだろう。