【スポンサーリンク】

緊急事態宣言出ているのに…パチンコ店に来た客の「ある発言」に驚きの声が

 緊急事態宣言の拡大に伴い、18日からパチンコ店にも休業を要請していますが、一部のパチンコ店は営業を続けている。

 

 茨城県内のパチンコ店に来店した男性客は日本テレビ系FNNのインタビューに応じ、「深い考えはないですけど、ただやってるから来ただけで。やることがないから。仕事も休みになっちゃって」とコメント。駐車場では「習志野」や「春日部」といった他県ナンバーの車も見られたという。

 

 ネット上では、「仕事も休みになっちゃってやることないから!?なんで仕事が休みになったかわかんないかな?子供達は2ヶ月近く学校なくなっていますよ!こんな人たちに限って今度は仕事がなくなってお金がないとか言うんだろう」、「堂々とインタビュー受ける時点で悪気がない。なんで仕事が休みになったのかは考える頭はないのかな。もちろん営業する方もする方だと思う」など営業しているパチンコ店とインタビューで発言した男性に怒りの声が。

f:id:imp0201:20200417162933j:plain

 また、「あくまでも自粛であって強制ではないと言うのがお店側の言い分。不要不急とは言ってもこれも強制力の無い「自粛」であることが大きい。経済の事だけ気にして目先の事しか見えていない政府がその根源だろう。初動の遅れが全て。あとは個々人で予防していくしか無いでしょうね」という指摘も見られた。