【スポンサーリンク】

ICチップ避けてカード切断 250万円引き出した23歳女の「美貌」に驚きの声が

 仲間と共謀して東京・江戸川区の80代の女性に「口座から不正な引き出しがある」などと嘘の電話を掛け、キャッシュカード3枚をだまし取ったとして、大崎彩乃容疑者(23)が詐欺の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、大崎容疑者は女性の自宅を訪れ、目の前でカードにはさみを入れて使えなくなったと信じ込ませていた。実際はICチップの部分が無傷で、大崎容疑者はその後にこのカードで約250万円を引き出していた。大崎容疑者は別の女性から現金1000万円をだまし取った罪で起訴されている。

 

 ネット上では「お年寄り騙すこの類の詐欺は特に厳しく執行猶予無しの実刑なのに、23歳の女とかバカ極まりない。人生始まってすぐ刑務所で出所してもネットには詐欺犯としてほぼ永久に名前は残りまともな人生は送れない。家族や親戚も気の毒だ」、「天才詐欺師になりそうでした。出所後もまたやりますから、刑務所から出さないで欲しいです」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 また、「映像見たけど幼くてかわいい感じで驚いた。こんなことするとは思えないのにどこで人生踏み外したんだろ」、「可愛いのにもったいないなぁ」と大崎容疑者の容姿に言及したコメントも見られた。