【スポンサーリンク】

大阪府が全国で初めて休業拒否のパチンコ6店舗公表に、来店客の反応は

 大阪府の吉村洋文知事は24日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく休業要請に応じない大阪府内の大型パチンコ店6店舗を公表した。これまでは特措法24条の「協力要請」を適用していたが、感染拡大防止を重視し、休業要請を受け入れない店側に対して45条の「より強い要請」に切り替えた。45条に基づく店名の公表は全国で初めて。

 

 吉村知事の発表した6店舗は、丸昌会館(大阪市)▽だるま屋(同)▽P・E・KING OF KINGS大和川店(堺市)▽HALULU(同)▽ザ・チャンスα(同)▽ベガス11700枚方店(枚方市)。

 

 府は23日までに複数の店舗が営業を続けていることを確認。11店舗の事業者に協力が得られない場合の対応を文書で事前通告したが、6店舗は通告に応じなかったため公表した。このほか28店舗についても同様の手続きを進めているという。

f:id:imp0201:20200421203112j:plain

 公表された大阪府内の店舗に来店した男性客に話を聞くと、「明日から閉まるの?店が判断して空けるんだったら明日も来るよ。家にいてもやることないから。お店も予防対策をしっかりしている」という反応が。ネット上では、「さすが大阪府は動きが速い。他の都道府県も見習って欲しい。吉村さん頑張れ」というコメントがある一方で、「残念ながらこれではどうにもならないです。何故今までグレーのまま生き残ってきたか考えてください。この問題は予想以上に根深いです。下手をすれば人種や国籍にも関わってくる事です。そこまで踏み込んで対処する気が無ければ変えられません」と効果を疑問視する意見も見られた。