【スポンサーリンク】

アルコール5倍の飲酒運転で中学教諭逮捕 否認した「ある供述」に怒りの声が

 酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとして、沖縄署は19日に沖縄本島中部の中学校の臨時教諭(41)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。

 

 メディア報道によると、臨時教諭は同日午前1時40分ごろ、沖縄市松本の県道85号で車を運転した際に道路脇の街路樹に激突。現場に到着した警察が確認したところ、臨時教諭から呼気から基準値の5倍近いアルコールが検出されたという。

f:id:imp0201:20190915153357j:plain

 ネット上では、臨時教諭が「運転したかどうか覚えていない」と容疑を否認していることに怒りの声が。「飲酒運転をしたことよりも、覚えていないという言い訳を教師がしていることの方が問題。やってしまったことを素直に認められない、中学教諭ではなく中学生徒の間違いかと思った」、「運転したことすら覚えていないぐらい飲んでいたってことでしょ。免許の永久剥奪でいいよ」、「飲酒運転は論外だけど、覚えてないほど飲んだらダメですね。なんでも覚えてないで済んだら警察はいらない。嘘のつき方を教える先生なんでしょうかね?」などの書き込みが。周囲を巻き込まないですんだが、飲酒運転に対する認識が甘すぎる。厳罰を求める声が多いのは当然だろう。