【スポンサーリンク】

志村けんさん、岡江久美子さんに続き…コロナで「ある人物」の死去に驚きの声が

 自民党の政権で首相補佐官を務めた外交評論家の岡本行夫さんが4月24日に新型コロナウイルスにより死去したことが判明し、大きな反響を呼んでいる。享年74歳だった。

 

 岡本さんは1968年外務省に入省し、北米1課長などを経て91年に退官。96年11月~98年3月に橋本龍太郎内閣、2003年4月~04年3月に小泉純一郎内閣で首相補佐官を務めた。橋本内閣では沖米軍普天間飛行場問題の解決や振興策推進のため、政府と沖縄とのパイプ役を担い、小泉内閣ではイラク復興支援に当たるなど、外交専門家として国際的に知られていた。

 

 ネット上では、「うわあ!大変な方が無くなってしまった。外交の裏を知って各国の黒幕や裏の実力者をご存知の方でした。アメリカの政権内部と大国の軍事バランスについての見解は彼自身の経験と人的ネットワークによる素晴らしいもので大変精確なものでした。日本の政治家でおよぶものは居ない。日本の大きな損失です。ご冥福を祈ります」、「かつて自民党政権の一員だったが、右派的なプライムニュースにも左派的なサンデーモーニングにも仕事を選ばず出ていたし、さらに周りのコメンテーター達と一線を画して、与党にも野党にもしっかり称賛したり批判したり、大変フェアなコメントをされていたと思う。自分の思想に凝り固まり攻撃的なコメンテーターが増える中、岡本氏のコメントは抜群に優れていた。最近までお元気で活動されていたしまだまだ活躍出来るお歳だけに、非常に残念でならない」など岡本さんを追悼するコメントが。

f:id:imp0201:20200503204519j:plain

 また、「コロナで、次々に優秀な方々を失うことになってしまった。志村けんさん、岡江久美子さんに続き、岡本行夫さんまでが。何とも残念である。ご冥福をお祈りします」、「岡本さんまで新型コロナで…志村さん、岡江さんもそうですが衝撃的な死が続いてショックです。本当に恐ろしいウィルスだと思います」と新型コロナウイルスの恐怖を綴った意見も多かった。