【スポンサーリンク】

吉本・岡本社長の会見に落胆の声 加藤浩次の退社を危惧する声も

 吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、都内で会見を開いた。岡本社長は会見の中で、反社会的勢力との闇営業問題で金銭の授受があったとして同社から事実上の解雇処分を受けた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)に謝罪し、処分の撤回を発表。また、自身の辞任については現時点で否定し、大崎洋会長と共に50%の減俸を1年間続けることを明かした。

 理解に苦しむ釈明に追われた。宮迫が20日の会見で会社と話し合いの際に「俺にはお前ら全員クビにする力があるんだ」と言われたと明かしたことについて、岡本社長は「『力がある』とはいっていないが、『クビにするぞ』とは言った」と強調。その言葉の意図について、「和ませようと思った」とパワハラを否定した。

 

 また、日本テレビ系「スッキリ」でMCを務める加藤浩次が(50)が「これからもこの体制、今の社長、そして会長の体制が続くと思ったら、僕は吉本興業を辞めます。みんなずっと我慢して、頑張ってやってきて、こんな浮かばれないことがこの会社で起こってるんだよ!」と経営陣が変わらなければ退社すると宣言したことについて質問が及ぶと、会見後に加藤とミーティングする予定であることを明かした。

f:id:imp0201:20190720174754j:plain

 ネット上では会見を見た視聴者から落胆と共に、加藤の退社を心配する声が多く寄せられた。「加藤さん失望したでしょう…辞めてしまうのかな?これで辞めるとか浮かばれないよ。岡本社長は質問に対する答えがちょっとずれているし、何が問題なのかが本質を分かっていない感じがする。減俸とかでなく経営陣を刷新しないと会社は変わらないでしょう」、「加藤もがっかりだろうな。ミーティングも話し合いにならないと思う。でも個人的には辞めてほしくない。こんなに吉本を思ってくれる人を辞めさせたら会社の大きな損失だよ」など今後の動向を気にかけるコメントが目立った。