【スポンサーリンク】

小倉智昭が木下優樹菜に言及 「視聴者の違和感を言い当てている」の声が

 キャスターの小倉智昭が19日、司会を務めるフジテレビ系「とくダネ!」で、タピオカ店店主に恫喝めいたメールを送ったことが明らかになり、活動自粛を発表した木下優樹菜について語った発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 木下は18日に活動休止と謝罪文を発表。所属事務所から書面を通じて、「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」と詫び、「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告した。さらに、「改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪を重ねた。

f:id:imp0201:20191119170430j:plain

 反省の意を示したが、今回のトラブルの詳細に触れていないことに、小倉は「謝罪も当事者に対するタピオカ店の経営者に謝罪というよりも、SNSをフォローしてくれている人たちへの謝罪みたいな感じになってない?」と感想をコメント。ネット上では、「正解。真っ先にお店の方に会って謝罪すべきだし、フジモンも事務所もタレントの教育が足りない。娘が大きくなった時にこの騒動を見たらショック受けると思うよ。謹慎するくらいなら、謝るなり記者会見するなりしなさい」、「小倉さんの言う通り。視聴者の違和感を言い当てている。木下さんが心の底から反省しているならこの騒動について書くべきだし、あくまで炎上を収めるために書いたとしか思えない」という書き込みが。木下のインスタグラムにも批判のコメントが殺到している状況で、活動再開は白紙の状態だ。