【スポンサーリンク】

NGT荻野由佳を「殺す」脅迫で男を逮捕 ネット上は意外な反応  

 大手メディアの報道によると、新潟県警は20日、NGT48荻野由佳(20)を「殺す」と書いた紙をファクスで送信し脅したとして、京都府城陽市の無職堂本一輝容疑者(24)を脅迫の疑いで逮捕した。

 調べによると、堂本容疑者は9日に荻野の名前と「殺す」と繰り返し書いたA4用紙1枚を報道機関にFAXで送信した疑い。堂本容疑者は容疑を認めているという。NGT48は18日に卒業公演を行った山口真帆(23)が昨年12月に男2人組から暴行被害を受け、メンバーの関与が疑われるなど運営側の対応も巡って批判が集まっている。

f:id:imp0201:20190520203054j:plain

 脅迫行為は決して許されることではない。だが、ネット上では運営側に対する風当たりが一層強まっている。「ほら、いつかこうなる気がしていた。運営が一番悪い。こんな自浄力のない運営がいつまでも何もせずもたもたしていることにも問題がある。こんな組織およびグループは良い機会だから解散してほしいと思う」、「山口さんを追い出した感のあるメンバーには、これから暫くはこういった脅迫はあるでしょうね。安全の為に、グループは解散し、疑惑のあるメンバーはアイドルを引退した方が良いのではないですか。それでも過去は付き纏うと思いますが」と批判的な書き込みが多い。山口が卒業したことで一区切りになるわけではない。運営側が信頼を取り戻せない現状では、「新生NGT48」が存続する見通しは立たないだろう。