【スポンサーリンク】

未成年女性の首絞める 殺人未遂で逮捕された男の「職業」に大きな反響が

 未成年の女性の首を絞め殺害しようとしたとして千葉県警船橋東署は13日、船橋市前原西の自称看護師、中西一久容疑者(29)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 

 各メディア報道によると、中西容疑者は11日午後5時45分ごろから午後6時ごろまでの間、自宅の居室内で被害者の首を絞めつけるなどして殺害しようとした疑い。女性にけがはなかった。中西容疑者は「SNSで知り合った」と供述しており、容疑を認めているという。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 ネット上では「看護師の人が何でそんな酷い事ができるの。何の為に看護師になったん。看護師の資格取るのも大変なはず。職場の人も親もショック受けてると思う」、「人の命を助けたくて看護師になったんだろうから、それを奪おうとしたことを反省して原点に戻って欲しい」などのコメントが。また、「SNSで知り合ったといえ、家まで行って首絞められたって、被害者も、もっと警戒すべきだと思う!会わなければ、こんな事件は、防げたはずなのに!この世の中、彼女達が思っているより、危険が多いんだって事は、大人じゃなくてもわかって欲しい!」、「SNSで会うのが悪いと言わないけど。女性も簡単に知らない男の家に出入りするのもどうかと思う。危機感が無さすぎる。SNS上で例えいい人だったとしても、実際は全く別人の可能性もある。会うなら自己責任で、殺されるリスクもあるってことも知っておくべき」と被害に遭った女性に反省を促すコメントも目立った。