【スポンサーリンク】

新型ウイルスに言及した北朝鮮保健相の「ある発言」に、中国で大きな反響が

 韓国紙・中央日報によると、オ・チュンボク北朝鮮保健相が自国で「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)」の感染者はもちろん、疑われる者も発生しなかったと明らかにしたことが中国で大きな反響を呼んでいる。

 

オ 保健相はこの日、官営メディアである朝鮮中央テレビに出演。「まだ新型コロナウイルスの感染者や疑われる患者が一人も現れなかったという事実が人々の中で弛緩し得る空間を作りかねない」と話した上で、「新型コロナウイルスの伝播経路が多様で、予測できないほど少しでも慢性的な態度を持って防疫事業をないがしろに対応しては厳重な結果をもたらし得る」と指摘した。北朝鮮は先月末、新型コロナウイルス感染症の対応のために国家非常防疫体系を宣言して各地域に非常防疫指揮部を設置、防疫に総力をあげている。

f:id:imp0201:20200219111423j:plain

 このニュースに、中国のネットユーザーからは「いくら厳重な対応をしていても中国と地続きの状況で感染者がゼロというのはあり得るのだろうか」、「そもそも本当に検査しているのか疑わしい」など疑問を呈する書き込みが目立った。