【スポンサーリンク】

北朝鮮メディアが韓国首相を痛烈批判も、その真意に意外な指摘が

 韓国紙・中央日報によると、北朝鮮メディアが韓国の李洛淵首相を団長とする祝賀使節団が。天皇即位式に出席したことについて「親日積弊闘争に動き出した南朝鮮の民心に逆行する容認できない背信行為」と痛烈非難したという。

 

 同紙によると、対外宣伝メディア「朝鮮の今日」が2日に社会科学院の研究家の寄稿を掲載。「これは日帝に対する血のにじむような恨みを晴らせずにいる被害者への耐えがたい冒とく」とし、「南朝鮮当局の醜悪な行為は、『韓日軍事情報包括保護協定』破棄決定を撤回して日本との葛藤解消を要求する米国の圧力に屈服した事大屈従と外勢依存政策の集中的な表現」と強調した。さらに、「日帝に対するわが民族の身に染みた怨恨は、島国の民族がいくら頭を下げて許しを請うても消えない」とした上で、「横暴この上ない倭国民族と関係改善問題を論じること自体が民族の恥」と主張した。

f:id:imp0201:20191028181130j:plain

 ネット上では、「日本に来ても社交辞令の会談だけで成果は何も得られなかっただろうし、北朝鮮にまでポロクソに批判されたら踏んだり蹴ったりだな。北朝鮮との関係が上手く行っていない証だし、文政権が推し進めてきた融和政策が間違っていた証しでもある。北朝鮮にまで梯子を外され四面楚歌状態の文政権だが、今更舵を切り直すのは限りなく難しい」という意見が目立つ一方で違う見方も。「敵対してると見せかける既定路線やろ。ホントにそう思うなら式前に遠回しにでも言うんじゃないか?或いは即位式前後にこそミサイル撃ちそうなもんだが。どうだったかな、タイミング的に。日本との対話の道を残しつつ、韓国に反日で協力出来るよって感じのタイミングだった気もする」、「これは今後を見据えた北の巧妙なパフォーマンスの一部でしょうね。優位に立つため数手先の戦術。日本はそれに利用されているだけ」など、北朝鮮メディアの報道の真意を巡り、様々な主張が飛び交っていた。