【スポンサーリンク】

北朝鮮大使、安倍首相への暴言に「放送禁止用語」と呆れた声が

 北朝鮮外務省の宋日昊大使は国営の朝鮮中央通信(KCNA)に安倍氏に対する激しい個人攻撃を展開。安倍晋三首相を「白痴、ならず者」と呼び、安倍首相が多連装ロケット砲とミサイルの違いが分かっていないと指摘した上で、「奇形児」で「低能児」だとこき下ろした。

 

 北朝鮮は実験を行ったのは「超大型多連装ロケット砲」だったと主張しているが、日本政府は国連(UN)制裁に違反する弾道ミサイルの可能性が高いとの見解を表明。宋大使はこれに反論した発言をした際に安倍首相を痛烈批判した。日本は拉致問題をめぐり北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談の開催を目指しているが、宋大使は「安倍は永遠に、平壌の敷居をまたぐ夢さえ見てはならない」と警鐘を鳴らした。 

f:id:imp0201:20191108110252j:plain

 宋大使の安倍首相に対しての発言にネット上では、「まるで子供の口喧嘩の捨て台詞ですね。これは大抵の場合、後ろめたいからでしょう」、「放送禁止用語が次から次へと..」など呆れた声が。また、「そういう言葉を使えば使うほど国際的な評価が下がることを知らないんだな。外交は別に公家みたいに上品であればいいとは思わないが国際社会で生きていくなら最低限の品位は必要」、「危機的状況に陥ると毎回こんな感じだし、米のトランプ氏やオバマ氏然り隣の文在寅氏や前任者もそう呼んでいたので気にする事はないさ。ただ、品のない言葉を使うのはお里が知れるというもの」などの書き込みも見られた。