【スポンサーリンク】

コロナ渦でホリエモンの酷評に神対応した「ある人物」に、大きな反響が

 アルピニストの野口健氏が23日、実業家でタレントの堀江貴文氏の辛らつなツイートに対し、自身のツイッターで反応した文面が話題になっている。

 

 野口氏は21日、ツイッター上で山岳関係団体が登山の自粛を呼びかけた記事を引用。「確かにこんな時こそ山で癒されたくなる。しかし、山に登るためには移動をしなければならない。山が混み合えば他の登山者に感染させるかもしれない。仮に遭難者が感染していたらレスキュー隊に移してしまうかもしれない」と想定し、「自然を相手にしている山屋には『待つ力』があるはず!」と訴えた。

 

 すると堀江氏はその内容を伝える記事を引用し「頭悪すぎて笑う」とツイート。過激な言い回しで物議を醸していたが、野口氏が23日に堀江氏の発言を引用してツイート。「頭が悪いのはピンポン!笑いを求めた呟きではなかったのですが、しかし、笑いが少なくなりつつある今日において、お一人様にでも笑いを提供できたのはよかった」と綴った。

 

 野口氏のこの対応にネット上では、「野口さんは富士山やヒマラヤを登るだけでなく、地球環境のことを考え、清掃活動をされています。そんなことはみなさんご存知でしょうが。コロナ騒ぎの中で目先の利だけこだわる、また人の気持ちを逆撫でするホリエモンの言葉に、いつもイラッとしていました。そんなホリエモンの言葉の清掃活動をさりげなくできる野口さん。神対応です。心より尊敬します。ありがとうございました!」、「堀江貴文さんは何にでも批判的に言い掛かるみたいだ。野口さんは大らかキャラだから大きく構えていて受け流すあたり大人の反応。喧々言い合わないのが大人。しかし頭いい人に限って言われたら×倍返しだー!とやり合う人は結構多いと思う。堀江貴文さんの言は確かなことだけどこの小競り合いについては堀江さんがみっともない惨めな反発をした、という意味で野口さんの勝ち」など称賛の声が殺到していた。

f:id:imp0201:20200210172530j:plain

 また、「新型コロナに打ち勝つ為には、あらゆるリスクを想定し、慎重になることが必要だと思います。堀江氏に言わせればそれは「頭が悪い」ことなのかも知れませんが逆に頭が良いばかりに小賢しい理屈で自粛出来ない自分を正当化し、素直に自粛している人を馬鹿にするような人はこの災厄を生き残れないのではないでしょうか」という意見も見られた。