【スポンサーリンク】

大阪・吉村知事批判でネット炎上のある大臣に、「選挙で落選する」の声が

 大阪府の吉村洋文知事は6日、緊急事態措置の解除基準を巡る自身の発信について、西村康稔経済再生担当相に謝罪した。双方がツイッター上に書き込んだ。

 

 吉村知事は5日の会見で、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態措置の解除基準について「どうなったら、いろんな民間の休業要請であったり措置が解除されるのか、出口戦略を明確に示す必要があります。国では示されないということになりましたので大阪府としてのモデル、大阪モデルを決定したい」と政府の対応に言及していた。

 

 この発言に対し西村大臣は「休業の要請・解除は知事の裁量。解除する基準は当然ご自身の説明責任。また都道府県の裁量・権限の拡大を主張しながら、自身の休業要請の解除の基準を国が示してくれというのは矛盾。仕組みを勘違いしているのではないか。緊急事態の解除の基準は国の責任。近く明確に示す方針」と自身のツイッターに記した。

 

 このツイートに対し、吉村知事は「西村大臣、仰るとおり、休業要請の解除は知事権限です。休業要請の解除基準を国に示して欲しいという思いも意図もありません。ただ、緊急事態宣言(基本的対処方針含む)が全ての土台なので、延長するなら出口戦略も示して頂きたかったという思いです。今後は発信を気をつけます。ご迷惑おかけしました」と謝罪した。

 

 ネット上では、「吉村知事は政治家として理想的な人ですね。橋下さんが吉村さんはもの凄い能力を持っている、実務力も調整力も凄いと言って自分の後継者に指名しましたが覚悟、決断力、実行力、発信力、統括力もあるし、リーダーシップもある。おまけに『醜い土俵には上がらない』というスマートさも持っている。大人(吉村知事)と子供(西村大臣)の戦いに終止符。維新の会代表の吉村知事が来年の選挙で兵庫9区に強力な候補を立てたら、西村大臣は落選してしまうかもね」、「吉村知事の大人の対応は素晴らしいです。西村大臣のコメントはプライドの高さがプンプン漂って来て、お人柄がよく分かります。こう言う偉い方とは、やり取りを長引かせないのが一番。知事はそこをよく分かった上での大人の対応ですね!」など吉村知事を称賛し、西村大臣の株が下がったことを指摘するコメントが殺到。

f:id:imp0201:20200425165446j:plain

 また、「さぁ西村大臣はこの謝罪に対しどう返すのでしょう。政府閣僚会議で回答内容を精査しなければならない議案でしょう。質問の回答を政府として示さなければ国民は納得しないでしょう。総理と山中教授の対談のように政府はムキになって逆に追い詰められましたね」、「吉村知事はこの展開を待っていたんじゃないかな?西村大臣と政府にボールは投げられた。これでしっかりと具体的な数字で緊急事態宣言の解除の指針を示さなければ、国民の信用が地に落ちた本当に終わる。崖っぷちに追い込まれたな」という指摘も見られた。